アルミのハイスペック板について(A5052、A5083、A6061、A2017)

2018年9月13日

アルミ板のハイスペックを代引き販売しています

アルミ切板A5052高精度圧延材


アルミ板のハイスペックは、板厚精度と平坦度が、通常品より高い板です。

注意
ここで表示している数値は、例です。必要な時は、それぞれ確認してください。

1.アルミのハイスペック板の材質

材質は4種類:A5052、A5083、A6061、A2017
アルミ屋さんによっては、A5052だけの場合も有ります。

2.高精度圧延材の板厚精度と平坦度

板厚6mmの
板厚公差
板厚6mmの
平坦度
板厚20mmの
板厚公差
板厚20mmの
平坦度
板厚50mmの
板厚公差
板厚50mmの
平坦度
A5052 +-0.08mm 0.4mm +-0.2mm 0.4mm +-0.5mm 0.4mm
A5083 +-0.12mm 0.4mm +-0.3mm 0.4mm +-0.5mm 0.4mm
A6061 +-0.13mm 1.5mm +-0.4mm 2mm +-0.65mm 2mm
A2017 +-0.13mm 1.5mm +-0.4mm 2mm +-0.65mm 2mm

板厚精度は材質によってそれほど変わらない。こんな感じって、感じ。
平坦度は、(A5052、A5058)と、(A6061,A2017)に分かれる。この違いは、熱処理で硬くする関係だ。
この平坦度は、1000mm×1000mm内の数値です。

3.通常品とハイスペックの比較

板厚6mmの
板厚公差
板厚6mmの
平坦度
板厚20mmの
板厚公差
板厚20mmの
平坦度
板厚50mmの
板厚公差
板厚50mmの
平坦度
ハイスペック
A5052
+-0.08mm 0.4mm +-0.2mm 0.4mm +-0.5mm 0.4mm
通常品 A5052 +-0.4mm +-0.8mm +-1.3mm

ハイスペック板と通常板で、公差はこんな感じ。

通常品でもノギスで測ってみると、ハイスペックの公差に入っていたりする。
結局、公差は、外さない、または、外れない範囲で、実際に狙う数値とは違う。

通常品は平坦度の記載が無いので、不明。

4.あそことそこのハイスペックの比較

板厚6mmの
板厚公差
板厚6mmの
平坦度
板厚20mmの
板厚公差
板厚20mmの
平坦度
板厚50mmの
板厚公差
板厚50mmの
平坦度
ハイスペック
A5052
+-0.08mm 0.4mm +-0.2mm 0.4mm +-0.5mm 0.4mm
ハイスペック
A5052 比較B
+-0.04mm +-0.1mm 取扱いなし

ハイスペックのところにより、競合により、競争により、覚悟により、公差が色々です。
切削しないで、ごまかすんだから、そこそこの公差でOKだよね。
⇒ 精度がいるなら、切削品になる。

代引き販売しています

金属の小物販売店 https://sando.ocnk.net/
このページは、代引きとクレジットで販売しています。掲載以外は、下記の買い方 売り方 案内で進めてください。

買い方 売り方 案内

無料会員登録請求会員登録回答見積り請求見積り回答注文請求送金発送
■お客様の作業 ■当店の対応)  詳細は、材料販売方法で。

手順1 まず会員登録してください。

無料会員登録
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/salmen/sslsalmen.htm

手順2 必要なサイズと数量で見積請求してください。

通常見積り請求
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/presale/sslpresale.htm

手順3 メールで見積内容が届く

注文するなら、「注文」とメールしてください。
中止するなら、「見送り」とメールしてください。
検討したい時は、「検討中」メールしてください

電話対応は、できません。
不明点は、無料会員登録して、お問合せでお送りください。
材料で困った時は、無料会員登録して、材料の困り事募集でお送りください。

値段を調べるなら

方法は2通り
日々の見積回答で検索して、値段、価格を調べてください。
金属の小物販売店 で、値段、価格を調べてください。

アルミ

Posted by htsando