取引口座が必要?

2018年9月20日

大きい会社や厳しい会社と取引するには、取引口座が必要と言われている。数十万や数百万の取引する時は、取引口座が必要です。しかし、当店の販売金額、数千円から数万円は、取引口座の対象外で、現金取引です。

1. 取引口座とは

大きい会社や厳しい会社が数十万や数百万の売り買いする時に、取引口座が必要です。

取引口座の審査
会社の登記簿謄本、会社の印鑑証明、会社の決算書(出来れば3年分)、会社の取引実績などの資料を元に審査します。この辺で、信用調査会社が動くようです。

審査をパスすると、契約書の作成です。

契約書
取引の方法や締め締日、支払日、支払方法、手形の場合などなどを決めて、契約書に収入印紙を貼って、捺印して、契約になります。

支払に手形不可なら、「手形不可」と契約書に記載するらしい。
手形不可で、支払が手形の場合、下請け保護法で、どうにかなるらしい。

審査にパスして、契約書を取り交わせば、取引口座が開設できます。

ここまで適当に取引口座の開設方法を書いてみましたが、実際は、もっとシンプル。

取引口座が必要な、大きい会社や厳しい会社は、ひな形を用意してあるので、それに沿って、進めればOK。
ひな形に沿って進めると、支払いが6ヶ月の手形だったりして?

2 当店に取引口座を要求されても

当店の一回の取引金額は、主に数千円から数万円です。この取引金額で取引口座開設は、対応不可です。
当店に取引口座を要求されても、対応できません。対応しません。
そもそも、数千円から数万円は、取引口座の対象外。

3 口座の種類

大きい会社や厳しい会社でも、取引口座の他に、現金口座を用意している。
現金口座の他に、スポット口座、現金コード、キャッシュ取引などなど。、
現金先払で購入や代引きが、現金口座になります。
数千円から数万円の支払いで、現金先払で購入や代引きの可否を財務部や総務や会計に、確認してください。

4 現金先払で購入や代引きが不可の時

通常の取引先を通して購入してください。この場合、通常の取引先で口利き料が発生します。

5 大きい会社や厳しい会社

会社の決済方法を調べて、購入してください。

代引き販売の材料もあります

金属の小物販売店 https://sando.ocnk.net/
このページは、代引きとクレジットで販売しています。掲載以外は、下記の買い方 売り方 案内で進めてください。

買い方 売り方 案内

無料会員登録請求会員登録回答見積り請求見積り回答注文請求送金発送
■お客様の作業 ■当店の対応)  詳細は、材料販売方法で。

手順1 まず会員登録してください。

無料会員登録
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/salmen/sslsalmen.htm

手順2 必要なサイズと数量で見積請求してください。

通常見積り請求
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/presale/sslpresale.htm

手順3 メールで見積内容が届く

注文するなら、「注文」とメールしてください。
中止するなら、「見送り」とメールしてください。
検討したい時は、「検討中」メールしてください

電話対応は、できません。
不明点は、無料会員登録して、お問合せでお送りください。
材料で困った時は、無料会員登録して、材料の困り事募集でお送りください。

値段を調べるなら

方法は2通り
日々の見積回答で検索して、値段、価格を調べてください。
金属の小物販売店 で、値段、価格を調べてください。