アルミのセンターレス丸棒

2019年6月6日

1.材質の種類

アルミ丸棒で、センターレス研磨品がある。使用分野不明です。

材質:A2017-T4、AA5056-H34、6061-T6、A6061-T8、A7075-T6511、

2.サイズ

材質 直径 mm
A2017-T4 6、7、8、9、11、12、15、20
A5056-H34 6、7、8、10、12、16、20
A6061-T6 5、6、8、9、10、11、12、13、14、15、16、18、19、20、25、
A6061-T8 6.5、9、9.5、21
A7075-T6511 5、6、7、8、10、12、13、13.8、14、15、16、17、18、20、22、23、24、29、

見積取って、在庫と値段を確認してください。
販売記号:309h358

3.納期

前払い時:3-4日で発送します。
代引き:不可

4.アルミの研磨は、鉄と違う

センターレス研磨は、砥石で研磨する。

アルミを砥石で研磨すると、砥石にアルミが付着して、研磨不可になる。

鉄のセンターレスしている会社に、「アルミをセンターレス研磨した事ある?」と聞いてみたら、「鉄の砥石だと、アルミは不可です。真鍮も不可です。以前痛い目にあいました」と回答があった。

結論:アルミの研磨は、アルミ専門に頼むのが一番だ。

5.センターレスは、引抜や押出し材より曲がりが少ない

センターレスは、ほぼまっすぐだ。引抜き材や押出し材は、センターレスと比べると、右に左に曲がっている。

そもそも、センターレス材は、引抜き材や押出し材を元に製作されている。

右や左に曲がった引抜き材や押出し材は、曲がり矯正してセンターレス機械に入れる。曲がり矯正がないと、暴れてセンターレス不可になる。

結論:曲がり矯正しているから、センターレスは曲がりが少ない。

6.研磨の表面

アルミのセンターレス研磨

研磨するとやっぱり光り具合が違います。もっとよると、研磨跡が見えます。

7.過去の見積回答

通常納期:入金確認後、5-6日程度(土、日、祭日抜き)で発送します。

A2017-T4 センターレス研磨 直径9mm×定尺2m×1本
値段:4660円/定尺1本

A6061-T6 センターレス研磨 直径9mm×定尺2m×1本
値段:4560円/定尺1本

A6061-T8 センターレス研磨 直径9.5mm×定尺2.5m×1本
値段:5020円/定尺1本

A7075-T6511 センターレス研磨 直径10mm×定尺2m×1本
値段:10630円/定尺1本

梱包料:1000円
送料:2760円(前払い時)
送り先:愛知県名古屋市

買い方 売り方 案内

無料会員登録請求会員登録回答見積り請求見積り回答注文請求送金発送
■お客様の作業 ■当店の対応)  詳細は、材料販売方法で。

手順1 まず会員登録してください。

無料会員登録
https://ht.sandoh.net/page-3573

手順2 必要なサイズと数量で見積請求してください。

通常見積り請求
https://ht.sandoh.net/page-3583

手順3 メールで見積内容が届く

注文するなら、「注文」とメールしてください。
中止するなら、「見送り」とメールしてください。
検討したい時は、「検討中」メールしてください

電話対応は、できません。
不明点は、無料会員登録して、お問合せでお送りください。
材料で困った時は、無料会員登録して、材料の困り事募集でお送りください。

値段を調べるなら

方法は2通り
日々の見積回答で検索して、値段、価格を調べてください。
金属の小物販売店 で、値段、価格を調べてください。