SS400とS50Cの焼鈍、焼きなましの6F

1.鉄板の歪取ってから6F

鉄板は、製造時の圧延などで、歪が残っている。削ると、出っ張ったり、引っ込んだりする。6F状態で平面でも、複雑な加工すると、ぴやーんと曲がる場合がある。こんな時は、焼き鈍しの6F品が必要になる。

2.焼トン鉄板の6F

「鉄板の切断 ⇒ 熱処理屋で焼鈍 ⇒ 6F加工」だと、お金と時間が必要になる。

そこで、「鉄板の焼鈍板 ⇒ 切断 ⇒ 6F加工」なら、お金と時間が節約になる。

3.焼鈍板の種類

鉄板焼鈍の6Fは、焼鈍のSS400と焼鈍のS48Cの、2種類になる。

焼鈍のSS400を、SS400のマルエーとか、SS400アニーリングと言う場合も有る。

焼鈍のS48Cを、S48Cのマルエーとか、S48Cアニーリングと言う場合も有る。

材質をS50Cにこだわると、熱処理屋さんに1品物で出すことになるので、お金と時間が必要になる。

4.過去の値段

通常納期:入金確認後、4-6日程度(土、日、祭日抜き)で発送します。

焼鈍のSS400 5mm×30mm×116mm×1枚
6F品、公差+-0.1mm
値段:1840円/1枚

焼鈍のS48C 5mm×30mm×116mm×1枚
6F品、公差+-0.1mm
値段:2070円/1枚

梱包料:1000円
送料:730円(前払い時)
送り先:大坂市

買い方 売り方 案内

無料会員登録請求会員登録回答見積り請求見積り回答注文請求送金発送
■お客様の作業 ■当店の対応)  詳細は、材料販売方法で。

手順1 まず会員登録してください。

無料会員登録
https://ht.sandoh.net/page-3573

手順2 必要なサイズと数量で見積請求してください。

通常見積り請求
https://ht.sandoh.net/page-3583

手順3 メールで見積内容が届く

注文するなら、「注文」とメールしてください。
中止するなら、「見送り」とメールしてください。
検討したい時は、「検討中」メールしてください

電話対応は、できません。
不明点は、無料会員登録して、お問合せでお送りください。
材料で困った時は、無料会員登録して、材料の困り事募集でお送りください。

値段を調べるなら

方法は2通り
日々の見積回答で検索して、値段、価格を調べてください。
金属の小物販売店 で、値段、価格を調べてください。