ピアノ線より硬い直線線材が必要な時

2018年9月16日

ピアノ線も硬いけれど、もっと硬い直線の選び方、選択の仕方、探し方、頼み方、売り方を案内です。

1.ピアノ線の硬さ

ピアノ線の硬さは、だいたいHRC45から50くらい。
この辺の硬さだから、丸めてコイルスプリングが出来る。
直線で使いたいときは、もっと硬い方が、曲がらなくなる。
硬くなると、曲げれば、ボッキっと割れることになる。
それでも、ピアノ線より硬い直線の丸棒が必要な時もある。

2.ピアノ線より硬い直線の線材

ハイスのハード材が、結構硬い。
HRC61から63
当店に直径1mm×500mmの端材が有る。
これを曲げよ、結構力を入れても、曲がらない。
ボッキと折れるのがが怖くて、力が入らない。

3.ハイスのハード材が必要な時

ハイスのハード材
SKH51プリハードン
センターレス研磨
HRC61-63くらい
直径0.8 mm×長さ2m
直径1 mm×長さ2m
直径1.5 mm×長さ2m
直径2 mm×長さ1m
直径2.5 mm×長さ2m
直径3 mm×長さ2m
直径3.5 mm×長さ2m
直径4 mm×長さ2m
直径4.5 mm×長さ2m
直径5 mm×長さ2m
直径5.5 mm×長さ2m
直径6 mm×長さ2m
直径6.5 mm×長さ2m
直径7 mm×長さ2m
直径8 mm×長さ2m
直径9 mm×長さ2m
直径10 mm×長さ2m
直径11 mm×長さ2m
直径12 mm×長さ2m
直径13 mm×長さ2m

無料会員登録して、
「SKH51プリハードン 直径1 mm×長さ2m×1本」で、見積請求してください。

手順1 無料会員登録
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/salmen/sslsalmen.htm

手順2 通常見積り請求
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/presale/sslpresale.htm

4.SKH51プリハードンを使う時の問題点

HRC61から63の硬さとは、ニッパや番線カッターの刃先硬さと同じだ。
ハイスのプルハードン材をニッパや番線カッターで切断しても、よく切れない。
刃が欠けることもある。きっと欠ける。

HRC61-63より硬い物なら切断できる。
砥石ならHRC61-63より硬い。
ハンドグラインダーに付いている砥石は、HRC61-63より硬い。
ハンドグラインダーで切断できる。

    代引き販売の材料もあります

    金属の小物販売店 https://sando.ocnk.net/
    このページは、代引きとクレジットで販売しています。掲載以外は、下記の買い方 売り方 案内で進めてください。

    買い方 売り方 案内

    無料会員登録請求会員登録回答見積り請求見積り回答注文請求送金発送
    ■お客様の作業 ■当店の対応)  詳細は、材料販売方法で。

    手順1 まず会員登録してください。

    無料会員登録
    https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/salmen/sslsalmen.htm

    手順2 必要なサイズと数量で見積請求してください。

    通常見積り請求
    https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/presale/sslpresale.htm

    手順3 メールで見積内容が届く

    注文するなら、「注文」とメールしてください。
    中止するなら、「見送り」とメールしてください。
    検討したい時は、「検討中」メールしてください

    電話対応は、できません。
    不明点は、無料会員登録して、お問合せでお送りください。
    材料で困った時は、無料会員登録して、材料の困り事募集でお送りください。

    値段を調べるなら

    方法は2通り
    日々の見積回答で検索して、値段、価格を調べてください。
    金属の小物販売店 で、値段、価格を調べてください。