梱包方法

2022年5月25日

1.細長い物の梱包

例:SUS303センターレス研磨 直径6mm×定尺2m=1本、1m×1本+残切断

ビニール袋に入れる
細長い 袋に入れる

添え木を付ける
添え木を付ける

プチを巻く 納品書入り
プチを巻く

2.ラップを巻く時

材料をまとめたり、添え木に付けたりする時に、ラップを使います。

クルクルっと巻いて、ピッて切ると楽ですが、外すのが難しい。何となく、端を探して、外したくなる時が有ります。こんな時に、イラっとします。

そこで、ラップの端でクルリと回転させて締目を付けたりしてます。締めた所に、黒マジックでマークしています。このマークを引っ張ると、クルクルクルととれる予定です。

締目

3.直送品の梱包

取引先から発送する時は、取引先の梱包方法になります。だいたい段ボール巻が多いです。細い物は、紙パイプに入れるとか、添え木付きです。直送の時、納品書は郵送します。

4.エアパッキンで梱包

梱包の外側を、エアパッキンを使っています。エアパッキンは、プチプチです。ビニールなので、軽い雨なら中身が濡れない。一番の理由は、「運送屋さんが丁寧に運んでくれる」と期待しています。この期待に応えて、運送屋さんは、丁寧に運んでいる。

5.1梱包の重さ

1梱包20kgに抑えています。30kgでも35kgでも、運送屋さんは引き取っていきます。重いと、運送屋が辛い。自分も辛い。届いた先のお客さんも辛い。重いと、腰が辛い。この一点で、1梱包20kgに抑えています。

近県発送で、35kgで発送すれば1580円で済む。二個に分けると、17kgと18kgで、2380円になる。1580円と2380円になる。金額を取るか、安全を取るか。当店は、安全を取ります。

6.コロンとした重い物

例えば、SKD11黒皮丸棒 直径100mm×長さ300mm=1本で、18.5kgです。

例えば、SKD11黒皮丸棒 直径90mm×長さ300mm=1本で、15kgです。

この2本を、1個に梱包すると、転がらない。しかし、重さが33.5kgになる。と言う事で、2梱包決定です。

コロンな材料の梱包

まず、段ボールを巻く
段ボール巻き

プチ巻き 納品書入り
プチ巻き

こんな感じで梱包すると、それほどコロコロしないで、良い感じになります。

7.板の場合

例えば、YH75 3mm×200mm×300mm=10枚。

まず固定
ラップで固定

段ボール巻き
段ボール巻き

プチ巻き 納品書入り
プチ巻き

これで、運送屋さんが丁寧に運んでくれる。当店の期待です。

買い方 売り方 案内

無料会員登録が済めば、どなたにも、個人や仕事など関係なく、販売する方針です。

無料会員登録請求会員登録回答見積り請求見積り回答注文請求送金発送
■お客様の作業 ■当店の対応)  詳細は、材料販売方法で。

手順1 まず会員登録してください。

無料会員登録
https://ht.sandoh.net/page-3573

手順2 必要なサイズと数量で見積請求してください。

通常見積り請求
https://ht.sandoh.net/page-3583

手順3 メールで見積内容が届く

注文するなら、「注文」とメールしてください。
中止するなら、「見送り」とメールしてください。
検討したい時は、「検討中」メールしてください

電話対応は、できません。
不明点は、無料会員登録して、お問合せでお送りください。
材料で困った時は、無料会員登録して、材料の困り事募集でお送りください。

値段を調べるなら

方法は2通り
日々の見積回答で検索して、値段、価格を調べてください。
金属の小物販売店 で、値段、価格を調べてください。